Posts by Author

miki

Miki is a Japanese bilingual fashion blogger and Content Creator based in New York. What Miki Loves in New York is all about her fashion and lifestyle. She hopes everyone enjoys and gets inspiration from her blogs as well as her fashion style. 

The Taylor Swift Experience / テイラースウィストの展示会に感動

HI!! 先日New York East Lower sideのSeaport district で開かれているテイラースウィフトの展示会、Taylor Swift Experience に行ってきました。 私がTaylor Swift の大ファンなことは皆さん知っていると思うんですが、 私が英語が大好きになったのも、ニューヨークで夢を叶えようと思ったのも、全部全部テイラーのおかげ。 テイラーが日本で有名になる前からずっと好きで応援していて、テイラーの言葉や歌、考え方や話し方、スタイル、生き方全てにインスパイアされてきて今の私があると本気で思っています。 だからこのイベントは本当に楽しみだったんです! The Taylor Swift Experienceはテイラー本人に会えるわけではないんですが、1階と2階のスペースが全て展示やオーディオスペースになっていて、テイラーづくし! ファンにはたまらない空間です。 1階と2階をつなぐ階段は壁一面がテイラーが今まで飾った雑誌のカヴァーで埋め尽くされています。     2階の展示スペースに入ると一番最初にテイラーの赤ちゃんから幼少期のものがいっぱい! 生まれたてのBaby Tay♡ The Best dayのMVなどでテイラーの幼少期のVideoを見たことがありましたが、赤ちゃんの頃の本物の写真や小物を見たのは初めて!!可愛すぎるよテイラー♡     こちらはライブやグラミーでのパフォーマンスで実際にテイラーが着ていたものです。   こちらはテイラーがMVで実際に着ていた衣装たち!Bad bloodのサイボーグみたいな衣装が凄かったです!   こちらは1989ツアーでテイラーが着ていたものたち。キラキラのスパンコールやスワロフスキーがいっぱいでとってもゴージャス!! 2階の奥に行くとテイラーの今までのグラミーの授賞式や各賞を受賞する場面がまとめられたドキュメンタリームービーが鑑賞できるシアターがありました。 初めてテイラーがグラミーを受賞した時から今年グラミー3冠を達成するまで。 昔のスピーチから今日に至るスピーチまで。 テイラーのことをずっと応援してきたファンとして、テイラーの成し遂げている成功は本当に嬉しいです。 私はムービー見て感動して泣いちゃったし、周りにも感動している泣いているファンがいました。       「いつかテイラーと一緒に仕事したい」と夢見て日本にいる時から今日まで私なりに頑張ってきたし、今もそれを目標に頑張っていますが テイラーはどんどん私が絶対追いつけないくらい速いスピードで成長して成功して、 同じ年に生まれた女性としてリスペクトしかありません。 みんなが見えないところでとても努力していて頑張り屋なテイラー。 すごく誠実で優しくて仕事に対して情熱的で。。。 何年経っても今もこれからもずっと私の目標です でもテイラーが成功すればするほど、そんな彼女を邪魔して下に引っ張ろうとする人たちがカニエウエストを始め今までたくさんいました。 メディアは色んなことを面白おかしく適当に書いてはテイラーを批判したり、いきなり味方についたりするし。。。 でも今テイラーが手にしている富や名誉は全て、今までの彼女の頑張りに値するものばかりだから、これからも変な人たちに負けずに、幸せでありのままのテイラーでいて欲しいです。   最後にテイラーが2016年のグラミー3冠、女性初の2度目となる「年間最優秀アルバム」を受賞した時のスピーチがとても好きなので、シェアさせてください。   “And as the first woman to win Album of the Year at the Grammys twice, I want to say to the young woman out there, there are going to be people along the way who try to undercut your success or take credit for your accomplishments or your fame. But if […]

New York Fashion業界のHoliday Party!

  Happy Thanksgiving!! 久しぶりの更新です! ブログを書いていないうちに、ニューヨークは冬の気温になり、 今日はターキーを食べてお祝いするThanksgiving、明日は1年で1番大きなセールのブラックフライデーがあり、いよいよ今年も師走モードになってきました。   そして昨年もこの時期に開催されたニューヨークのファッション業界で働く日本人の方達のパーティーに先日参加させていただきました。 会場はなんとNew York 5th Aveにある広いMUJIを貸し切って行われます! 今年で4回目になるこのイベントは繊研新聞ニューヨーク通信員の杉本佳子さん、ユナイテッドアローズのカフマン雅子さん、ネペンテス/エンジニアドガーメンツの鈴木大器さんが主催されていらっしゃいます。 今年はさらにパワーアップしていて太鼓のパーフォーマンスがあり、さらにアメリカ人の参加者も昨年より多かった気がしました! 昨年のパーティーの記事→(2015 NY × JAPAN × FASHION NETWORKING PARTY) Finger food は昨年同様FITの近くにある日本のカフェ「Hanamizuki」から提供されていました! 私の大好きな可愛くて美味しいおにぎりのある「Hanamizuki」オススメです!     パーティーではいつもお世話になっているファッション業界の大先輩たちや、FITの同期、後輩たちに会えいろんな話で盛り上がり、色んな友人の近況も聞けたりと本当に楽しく充実した時間でした。   デザイナーの中野和代さんを囲んでFITの友人のみんなと↓ 中野さんとは今年の夏に中野さんのご自宅のあるマンションのパーティールームで開かれた繊研新聞ニューヨーク通信員であり、美容食研究家でもある杉本さんのお料理教室でお会いして以来の再会でした!前回に引き続き貴重なお話をたくさん聞かせていただきました。 そしてFITの現役生のみんなはいつ会っても元気で可愛い!!!   こちらはTheory のMerchandiserとして働くCorinneちゃん↓ 昨年のこのパーティー以来の再会でした!! 前回のNew York fashion week で撮影アシスタントをさせていただいた時に、お世話になった雑誌ELLEのコーディネーター門司さん↓ この前一緒にお酒を飲ませて頂く機会があり私の色んなお話を聞いて頂いたんですが、美人で優しすぎる門司さん。。。本当に大好きです!!! こちらはNew Yorkのファッション業界の大先輩で紳士服飾アドバイザーとして日米共にご活躍されているケン青木さん↓ こちらは左からイメージコンサルタントでReal Cosmopolitan IncのCEOのNienaさんと元Harpers Bazaar編集長でファッションジャーナリストでもあるMisao Itohさん↓ お二人とも素敵なオーラが溢れる女性の先輩として私が憧れる存在です! 最後は皆さんで集合写真を撮らせていただきました。 本当に豪華すぎるメンバーです!! 私が写っているのが申し訳ないくらいです><。 右から2番目のモデルの様な美女はシンガーのAKさん、一番前にいらっしゃるのが私が尊敬していて、いつもお世話になっているONWARD樫山 USAの須藤CEOです! ニューヨークで活躍するファッション業界の日本人の方たちがこんなにたくさん集まる場は多分1年でこのパーティーだけだと思います。 本当に主催者の3名の方達には感謝の気持ちでいっぱいです。 そして今回の主催者であり繊研新聞ニューヨーク通信員の杉本佳子さんがパーティーの詳細を繊研新聞の記事に書かれていらっしゃいます。 下のリンクから記事に飛べますので、ぜひお読みください↓ NY在住の業界日本人らがホリデーパーティー   私はこれからビザの事とかを考えないといけない時期になりますが、来年も無事にニューヨークにいられてパーティーで皆さんと再会できるといいなあ。。。 お仕事頑張ります!!!   XOXO      

[:en]マテリアルワールドCEOの矢野莉恵さんから学ぶ夢を叶えるヒント[:ja]ニューヨークの女性起業家から学んだ夢を叶えるヒント☆[:]

[:en]Hello everyone!   先日Material World (マテリアルワールド) CEOの矢野莉恵さんの講演会に参加してきました。 もしマテリアルワールドをまだ知らないという方がいれば最初にこちらの記事を読んでみてください↓ 世界中の女性たちへ、自分自身を「改革」せよ 女性起業家をしてずっとお会いしてお話を聞いてみたいと思っていた矢野莉恵さん。 会場は沢山の参加者で賑わっており、既にニューヨークで自分の事業を持っている方、そしてこれから起業しようと思っている人たちがたくさん来ていました。 矢野さんのこれまでの素晴らしい御経歴もさることながら、講演会では実際に起業やハーバードのMBAでの体験を通して学んだ3つの事をメインにお話して下さいました。 その3つのお話というのが 1、「失敗の仕方」 2、「アメリカでのきっかけの作り方」 3、「自分の限界を作らない環境の作り方」 です。   世界で一番厳しいと言われているここNew Yorkでstart upビジネスを始め、成功させている日本人の若い女性起業家、矢野さん。 それを聞いただけでも素晴らしい!!!と感動しますよね!   そんな矢野さんのお話は最初から最後まで私がまさしく今聞きたかった内容でした。 帰国子女で幼い頃からグローバルな環境で育ってきて、それでも日本人としてのアイデンティティを大切にしたくて日本の大学に進学したこと。 ハーバードの大学院に通っている時に勢いで始めた最初のビジネスは、うまく結果が出ず約9ヶ月で事業を潰したこと。 でも自分でビジネスをやることが物凄く楽しい事に気づいたこと。 過去の失敗から得た学びが今の成功に生きていること。 どんな事も不可能ではなく、いつもきっかけは自分で掴みに行くこと。 そしてどんなに雲の上の存在の人にも怖気付かずコンタクトを取ってみること。(もちろん自分がきちんと相手にどんなバリューを与えられるかを示した上で。) などなど ボイスレコーダーに録音したセミナーの内容を何度も繰り返し聴いています。   一つ凄く嬉しかったのが、矢野さんのパーソナリティーが私と凄く似ていた事です。 矢野さんは「私は情熱だけですぐに行動に移してしまうタイプなんです!これは長所でもあり短所でもあります。だから周りに誰かブレーキをかけてくれる人が必要でした。」 と仰っていました。 ご存知の通り、私も「やりたいことがあるとすぐに行動に移してしまうタイプ」なんです。 この性格のおかげで今までいろんな事に挑戦してきたり、他の人より多くのチャンスを掴めてきた気がします。でも深く考えず直感に従って行動に移したせいで失敗することもたくさんありました。 例えば、失恋して一時期歌詞のある音楽を聴きたくなく、ずっとクラシックばかり聴いていた時があったんですが、ある日葉加瀬太郎さんのバイオリンに感動して「なんて素敵なんだろう!私も葉加瀬太郎さんに続きたい!!」と思ったその日の夜にはバイオリン教室に申し込んで数日後にはバイオリンを弾いていたり、笑 日本で始めた自分のオンラインショップも朝起きてやりたいと思ってから3日でサイトを完成させて1週間後にサイトをローンチさせたり。笑 面白そうなビジネスモデルのサービスなんかも知ったら、とりあえずアプリをダウンンロードしてまずメンバーになってみます。 最近はrational に物事を考えられるように気をつけていますが、良くも悪くもベースはかなり行動的で情熱的な性格です。 お母さんには「美輝はすぐ勢いで行動に移すから、結婚相手やビジネスパートナーは思慮深くて落ち着きのある真逆の性格の人を選びなさい」と会うたびに言われているくらい笑 だから矢野さんのお話を聞いた時に自分と通ずるところや共感できるポイントが沢山あってびっくりしたし、これは私もやはり起業家に向いているという傾向なのでは!と勝手に思い込んで一人で喜んでいました笑   矢野さんの実体験を交えてのお話は私にとって、ここ数年で一番モチベーションを得た為になるセミナーでした。 お話を聞いている間、自分自身でビジネスをする楽しさが凄く蘇ってきたし、私もいつかニューヨークで自分のビジネスをしたいという気持ちも再確認させられました。 矢野さんも仰っていた様に、やっぱり自分のやりたいことを仕事にするって幸せだし、頭の中にあるアイディアを実現させるって本当にワクワクして楽しいんですよね! 私もオンラインショップをしている時楽しくて興奮して寝れなかったり、逆に落ち込んで寝れなくなったりしていましたが、自分のやりたい事なのでどこまでも頑張れるんです。本当不思議なくらいに! また日常の中で常にどこかにビジネスに生きるヒントは落ちていないかと無意識に探していたり、突然のハッとしたひらめきに心が躍ったりしていました!!   どんな人生にするかって本当にその人次第だと思うし、特に大人になったら自分で環境的にも経済的にも意思決定できるじゃないですか。 だから私は常にBetterな自分になろうと思うし、特に最近は一度しかない人生を目一杯楽しもう!!と思って生きています!!   そしてここニューヨークでしか出会えない、 世界中から挑戦しに来ているプラスのエネルギーを持った人たちとの出会いを大切にしていこうと思います!! Let’s Dream Big!! ✨ xoxo….  [:ja]Hi!   先日マテリアルワールド Founderの矢野莉恵さんの講演会に参加してきました。 もしマテリアルワールドをまだ知らないという方がいれば最初にこちらの記事を読んでみてください↓ 世界中の女性たちへ、自分自身を「改革」せよ 女性起業家をしてずっとお会いしてお話を聞いてみたいと思っていた矢野莉恵さん。 会場は沢山の参加者で賑わっており、既にニューヨークで自分の事業を持っている方、そしてこれから起業しようと思っている人たちがたくさん来ていました。 矢野さんのこれまでの素晴らしい御経歴もさることながら、講演会では実際に起業やハーバードのMBAでの体験を通して学んだ3つの事をメインにお話して下さいました。 その3つのお話というのが 1、「失敗の仕方」 2、「アメリカでのきっかけの作り方」 3、「自分の限界を作らない環境の作り方」  です。 世界で一番厳しいと言われているここNew Yorkでstart upビジネスを始め、成功させている日本人の若い女性起業家、矢野さん。 それを聞いただけでも素晴らしい!!!と感動しますよね! そんな矢野さんのお話は最初から最後まで私がまさしく今聞きたかった内容でした。 帰国子女で幼い頃からグローバルな環境で育ってきて、それでも日本人としてのアイデンティティを大切にしたくて日本の大学に進学したこと。 ハーバードの大学院に通っている時に勢いで始めた最初のビジネスは、うまく結果が出ず約9ヶ月で事業を潰したこと。 でも自分でビジネスをやることが物凄く楽しい事に気づいたこと。 過去の失敗から得た学びが今の成功に生きていること。 どんな事も不可能ではなく、いつもきっかけは自分で掴みに行くこと。 そしてどんなに雲の上の存在の人にも怖気付かずコンタクトを取ってみること。(もちろん自分がきちんと相手にどんなバリューを与えられるかを示した上で。) などなど ボイスレコーダーに録音したセミナーの内容を何度も繰り返し聴いています。   一つ凄く嬉しかったのが、矢野さんのパーソナリティーが私と凄く似ていた事です。 矢野さんは「私は情熱だけですぐに行動に移してしまうタイプなんです!これは長所でもあり短所でもあります。だから周りに誰かブレーキをかけてくれる人が必要でした。」 と仰っていました。 ご存知の通り、私も「やりたいことがあるとすぐに行動に移してしまうタイプ」なんです。 この性格のおかげで今までいろんな事に挑戦してきたり、他の人より多くのチャンスを掴めてきた気がします。でも深く考えず直感に従って行動に移したせいで失敗することもたくさんありました。 例えば、失恋して一時期歌詞のある音楽を聴きたくなく、ずっとクラシックばかり聴いていた時があったんですが、ある日葉加瀬太郎さんのバイオリンに感動して「なんて素敵なんだろう!私も葉加瀬太郎さんに続きたい!!」と思ったその日の夜にはバイオリン教室に申し込んで数日後にはバイオリンを弾いていたり、笑 日本で始めた自分のオンラインショップも朝起きてやりたいと思ってから3日でサイトを完成させて1週間後にサイトをローンチさせたり。笑 面白そうなビジネスモデルのサービスなんかも知ったら、とりあえずアプリをダウンンロードしてまずメンバーになってみます。 最近はrational に物事を考えられるように気をつけていますが、良くも悪くもベースはかなり行動的で情熱的な性格です。 お母さんには「美輝はすぐ勢いで行動に移すから、結婚相手やビジネスパートナーは思慮深くて落ち着きのある真逆の性格の人を選びなさい」と会うたびに言われているくらい笑 だから矢野さんのお話を聞いた時に自分と通ずるところや共感できるポイントが沢山あってびっくりしたし、これは私もやはり起業家に向いているという傾向なのでは!と勝手に思い込んで一人で喜んでいました笑   矢野さんの実体験を交えてのお話は私にとって、ここ数年で一番モチベーションを得た為になるセミナーでした。 お話を聞いている間、自分自身でビジネスをする楽しさが凄く蘇ってきたし、私もいつかニューヨークで自分のビジネスをしたいという気持ちも再確認させられました。 矢野さんも仰っていた様に、やっぱり自分のやりたいことを仕事にするって幸せだし、頭の中にあるアイディアを実現させるって本当にワクワクして楽しいんですよね! 私もオンラインショップをしている時楽しくて興奮して寝れなかったり、逆に落ち込んで寝れなくなったりしていましたが、自分のやりたい事なのでどこまでも頑張れるんです。本当不思議なくらいに! また日常の中で常にどこかにビジネスに生きるヒントは落ちていないかと無意識に探していたり、突然のハッとしたひらめきに心が躍ったりしていました!!   どんな人生にするかって本当にその人次第だと思うし、特に大人になったら自分で環境的にも経済的にも意思決定できるじゃないですか。 […]

Naomi Watanabe World Tour in NY / 渡辺直美ワールドツアー in NY

Hi!   前回の記事ではblogやFacebookにたくさんのコメントありがとうございました。 実はあれから色々あり予想外の展開になったのでまたおいおいお話ししたいと思います。   10月2日にNew YorkのWebstarhallで行われた渡辺直美さんの初のWorld Tourに行ってきました!! 実はNew York公演のチケットは発売と同時に4分で売り切れてしまい、追加チケットの秒速で売り切れ全く手に入りませんでした。 なので前日まで諦めていたんですが、当日の朝にお友達でヘアメイクアップアーティストののりよさんから「行くはずだった予定のお友達が行けなくなったから美輝ちゃんいかない?」とご連絡を頂き行けることになりました。 のりよさん、そして行くはずだったなぎさん本当にありがとうございます!!! ライブは9時開演で私は7時半にWebstarhallに着いたんですが、外には長蛇の列が!! そして普段ニューヨークでは見れないくらい多くの日本人の方がいました。 私は本当にありがたい事にVIPゲストで入れていただいたので、早めに会場に入れてもらえステージにとても近いところから見ることができました。 会場には渡辺直美さんのアパレルブランドPunyusの商品もありました。 開演1時間前から会場は熱気とナオミー!!という熱狂な叫び声に包まれ、すごい盛り上がり! そして渡辺直美さんがステージに登場した瞬間みんなの興奮がMAXに!! 私も日本にいるときから直美さんの大ファンで、インスタもいつも本当に面白いので本物が目の前に現れた時は大興奮!!   テレビでいつも見ていたキレッキレのビヨンセから始まり、リアーナやレディガガなど本当に完璧なパフォーマンスでした!!! 日本人はもちろん、台湾人、韓国人、中国人、そしてニューヨーカーもノリノリでした! ライブの途中途中で渡辺直美さんの今までのテレビでのドッキリパフォーマンスとか他のアーティストとコラボしたMVとかが流れるんですが、それもまた面白かったです。 MCではマショマロや肉まんを投げて口でキャッチするというゲームを観客のお客さんを巻き込んでやるという感じでこれもかなり受けていました! 本当に2時間たっぷり笑わせてもらいました!   ライブが終わった後はVIPゲスト限定のMeet&Greet があり、 渡辺直美さんとお話しすることができました! ニューヨークでファッションブランドを立ち上げたいことや稲木ジョージさんをとても尊敬していることなどもちゃっかりお話しさせていただきました。 本当に本当に飾らなくて優しくて謙虚な方でますますファンに!   4日に行われたLA公演も大成功に終わったようですね。 また来年もWorld TourでNew Yorkに戻ってきてほしいです! 楽しい夜をありがとうございました!! Xoxo…      

外見に対する同僚からの心無い一言

HI!!   本当は仕事先での仕事内容とかを書こうと思っていたんですが、昨日ちょっとしたショックなことがあって色々考えさせられたので、少し書かせてください。 私の働いている会社はVogueなどの有名ファッション誌を飾ったり、New york,London, Milan, Paris Fashion Weekで大きなブランドのランウェイを歩くモデルさんたちが集まるVIPラウンジで、世界を舞台に活躍するモデルはみんな端正な顔立ちで身長も180cmくらいの人ばかり。 一緒に働いている仲間もなぜかみんな一般人にしては背が高いです。 先週まで一緒に働いていた同僚は23歳なのにアンジェリーナジョリーみたいな子でした。 そんな中私と私と一緒の時期に入った黒人の女の子だけが150cm代で童顔。 ちなみにアジア人は私だけで他はみんな白人と黒人。Asian Americanすらいません。   この前みんなで仕事している時に年齢の話になって、私は何歳なのかってみんなに聞かれたんです。 だから「どう思う?」って聞いたら 白人の女の子二人は「うーん、23歳くらいかな?」って言って、 その同期のインターンの黒人の女の子が「え!18歳でしょ」と。 だから「27歳だよ!」って言ったらみんなに案の定「えーすごく若く見えるよ!」って驚かれました。 私は日本人の中でも童顔だと思うし、 FITに通っている時も21歳だと思ってたとよく友達に言われたりしていたので、きっとアメリカ人から見たらそう見えても不思議じゃないんだろうと思っています。 そしたらその同期の子が続けて、「ミキの顔写真に撮って友達みんなにこの子27歳なんだよって見せてみたい」と。 だから「アジア人は若く見えるからみんな驚くかもね!」って言って私は軽く受け流したんです。   それが今から1週間くらいの話なんですが、昨日私と私の同期の子と黒人の男の同僚でキャリアの話をしていた時の事。 みんなで将来は独立して働きたいよねって言っていて、その男の同僚が「俺は今30歳だから、34歳までにそうなりたいな。でもあと数年しかないから焦る。」と言ったので 「私も27歳だからあと数年でそうなれたらいいなと思って頑張ってるよ!」と言ったんです。 そしたらその同期の子がすかさず 「大丈夫。ミキは見た目12歳だから」って言ってきたんです。 「12歳??!!この前は18歳に見えるって言ってたでしょ」 と言うと、「うん、でも今は12歳に見える。12歳!!!」って真顔で大声で言われて。。。 今までも若く見られるのは承知の上だし、18歳って言われても周りがみんな大人っぽいからそう言われてもしょうがないかなって思ってたんですが、さすがに12歳は誰も言わないし、27歳に対して12歳って完全に馬鹿にされている感じがして許せなくて。 でも私はその時何て言えば良いのかわからなくて黙り込んでいました、、、 私は精神的に打たれ強い方だけれど、やっぱりそんなこと言われるととても悲しいし傷つきます。   その子は23歳でニューヨークではなく田舎の州から出てきた子なので、多分周りにアジア人がいない環境で育ってきたからアジア人のスタンダードが他の人種より若いのを知らないのか?とか、それとも私の英語がネイティブの様に完璧じゃないから幼稚に見えてそれを馬鹿にしたくて皮肉を込めてそう言っているのか?とかずっと私の心の中でモヤモヤ。。。 もしくは彼女も背が小さく、華奢で童顔なので、今まで誰かにそう言われて嫌だったことを、同じような私にぶつけているのか。。。 気にしちゃダメと思っても彼女に言われた言葉がずっと離れなくて、生理前で心がセンシティブになっていたのもあり、仕事終わりに涙が止まらなくなって、昨日は家でもずっと泣いていました。   私普段は落ち込むことがあっても、バイオリンを弾いたりよく寝たり、美味しいものを食べたりしてストレスを発散するので、他人に悩みを打ち明けることがほとんどないんですが、 今回ばかりは悔しくて悲しくて友達に連絡して話を聞いてもらいました。 日本やアジアに住んでいたらこんな事できっと悩まないだろうし、童顔でもそれはそれでいいなって思っていたと思います。 でも今アメリカでキャリアを積みたいなって思ってから、社会人になってモデルの業界で働いて周りがみんな大人っぽくて綺麗で 自分とは元のベースが違うんだから比べる必要はない。と思いながらも、 だからと言って見た目で判断されたり、なめられたくない。実力で対等に判断させる人間になりたい。と思っていた矢先に言われた言葉で、すごく心にグサっときたわけです。 「私は背も小さいし、童顔だし、アジア人だし、外国人だしアメリカで何かを成功させたいなんて無理なのかもしれない。でもこれが生まれ持ったものだから私にはどうしようもできない。ただただ悔しい。」とアメリカ人の友達に相談したら 「美輝のBaby Faceはすごく可愛いんだからそれを楽しもうよ!今は嫌だって思うかもしれないけど、もっと歳をとった時今の可愛さはエレガントな美しさに変わっていくんだよ。周りの女性よりも何年も長く長く若さと美しさの両方を持ち続けられるなんて天国からの贈り物だよ。時々周りの人は美輝の若い見た目に騙されると思う。そしたらその時はどれだけ美輝が知性があって、洗練された考え方ができる人かをみんなに見せてあげればいい。それって完璧なサプライズでしょ?」 と、こんな言葉を言ってくれて本当に嬉しくて涙が出ました。   私は今日ストレスのせいか、仕事中にお腹に激痛が走り、近くの薬局まで薬を買いに行っている途中でエレベーターの中で貧血で倒れて、その後嘔吐してしまいました。 食中毒にあってから、結構ストレスが胃腸に現れやすくなっているのでつまらないことでくよくよせず、自分のために気をつけようと思います。     誰だって外見も内面も完璧じゃないし、人種も違えばスタンダードだって全然違う。 それなのに、人が言われて嬉しくないことをあえて口に出すことは決して良いことではないと思います。 特に外見や年齢に関することならば尚更です。 大半の人は自分の生まれ持ったものを嫌だなと思うところまでも受け入れる努力をして、その中で良い部分を伸ばしていって美しさや個性になっていると思うから。   私は本当に彼女からの一言が悔しかったけど、 でも友達が言ってくれたように、良い意味で人を裏切れるような見た目と実力のギャップを作っていこうと思います。 いつかいろんな人をあっと言われたいし、アメリカで認められる人材になりたい。 頑張ります!   xoxo…  

TOP