Tag

ファッション

日本のファッション業界の人みんなに聞いてほしい話「尾原蓉子氏講演会〜創造する未来〜」

先日一般社団法人ウィメンズ エンパワメント イン ファッション(WEF)代表理事、そしてFITの大先輩で日本FIT会会長の尾原蓉子さんの講演会に参加させていただきました。 講演会のテーマは「Fashion Business 創造する未来」という昨年尾原会長が出版した本内容に沿ったものでした。 尾原会長が90枚にも登るスライドで、今ファッションビジネスはどんな風に変わってきているのかというのを実例をあげて紹介してくださったんですが、びっくりしたのが昨年FITのFashion Retail Management の授業でまさに取り上げ、クラスみんなで議論したりプレゼンしたりしていた内容だったこと! Read More

[:en]マテリアルワールドCEOの矢野莉恵さんから学ぶ夢を叶えるヒント[:ja]ニューヨークの女性起業家から学んだ夢を叶えるヒント☆[:]

[:en]Hello everyone!   先日Material World (マテリアルワールド) CEOの矢野莉恵さんの講演会に参加してきました。 もしマテリアルワールドをまだ知らないという方がいれば最初にこちらの記事を読んでみてください↓ 世界中の女性たちへ、自分自身を「改革」せよ 女性起業家をしてずっとお会いしてお話を聞いてみたいと思っていた矢野莉恵さん。 会場は沢山の参加者で賑わっており、既にニューヨークで自分の事業を持っている方、そしてこれから起業しようと思っている人たちがたくさん来ていました。 矢野さんのこれまでの素晴らしい御経歴もさることながら、講演会では実際に起業やハーバードのMBAでの体験を通して学んだ3つの事をメインにお話して下さいました。 その3つのお話というのが 1、「失敗の仕方」 2、「アメリカでのきっかけの作り方」 3、「自分の限界を作らない環境の作り方」 です。   世界で一番厳しいと言われているここNew Yorkでstart upビジネスを始め、成功させている日本人の若い女性起業家、矢野さん。 それを聞いただけでも素晴らしい!!!と感動しますよね!   そんな矢野さんのお話は最初から最後まで私がまさしく今聞きたかった内容でした。 帰国子女で幼い頃からグローバルな環境で育ってきて、それでも日本人としてのアイデンティティを大切にしたくて日本の大学に進学したこと。 ハーバードの大学院に通っている時に勢いで始めた最初のビジネスは、うまく結果が出ず約9ヶ月で事業を潰したこと。 でも自分でビジネスをやることが物凄く楽しい事に気づいたこと。 過去の失敗から得た学びが今の成功に生きていること。 どんな事も不可能ではなく、いつもきっかけは自分で掴みに行くこと。 そしてどんなに雲の上の存在の人にも怖気付かずコンタクトを取ってみること。(もちろん自分がきちんと相手にどんなバリューを与えられるかを示した上で。) などなど ボイスレコーダーに録音したセミナーの内容を何度も繰り返し聴いています。   一つ凄く嬉しかったのが、矢野さんのパーソナリティーが私と凄く似ていた事です。 矢野さんは「私は情熱だけですぐに行動に移してしまうタイプなんです!これは長所でもあり短所でもあります。だから周りに誰かブレーキをかけてくれる人が必要でした。」 と仰っていました。 ご存知の通り、私も「やりたいことがあるとすぐに行動に移してしまうタイプ」なんです。 この性格のおかげで今までいろんな事に挑戦してきたり、他の人より多くのチャンスを掴めてきた気がします。でも深く考えず直感に従って行動に移したせいで失敗することもたくさんありました。 例えば、失恋して一時期歌詞のある音楽を聴きたくなく、ずっとクラシックばかり聴いていた時があったんですが、ある日葉加瀬太郎さんのバイオリンに感動して「なんて素敵なんだろう!私も葉加瀬太郎さんに続きたい!!」と思ったその日の夜にはバイオリン教室に申し込んで数日後にはバイオリンを弾いていたり、笑 日本で始めた自分のオンラインショップも朝起きてやりたいと思ってから3日でサイトを完成させて1週間後にサイトをローンチさせたり。笑 面白そうなビジネスモデルのサービスなんかも知ったら、とりあえずアプリをダウンンロードしてまずメンバーになってみます。 最近はrational に物事を考えられるように気をつけていますが、良くも悪くもベースはかなり行動的で情熱的な性格です。 お母さんには「美輝はすぐ勢いで行動に移すから、結婚相手やビジネスパートナーは思慮深くて落ち着きのある真逆の性格の人を選びなさい」と会うたびに言われているくらい笑 だから矢野さんのお話を聞いた時に自分と通ずるところや共感できるポイントが沢山あってびっくりしたし、これは私もやはり起業家に向いているという傾向なのでは!と勝手に思い込んで一人で喜んでいました笑   矢野さんの実体験を交えてのお話は私にとって、ここ数年で一番モチベーションを得た為になるセミナーでした。 お話を聞いている間、自分自身でビジネスをする楽しさが凄く蘇ってきたし、私もいつかニューヨークで自分のビジネスをしたいという気持ちも再確認させられました。 矢野さんも仰っていた様に、やっぱり自分のやりたいことを仕事にするって幸せだし、頭の中にあるアイディアを実現させるって本当にワクワクして楽しいんですよね! 私もオンラインショップをしている時楽しくて興奮して寝れなかったり、逆に落ち込んで寝れなくなったりしていましたが、自分のやりたい事なのでどこまでも頑張れるんです。本当不思議なくらいに! また日常の中で常にどこかにビジネスに生きるヒントは落ちていないかと無意識に探していたり、突然のハッとしたひらめきに心が躍ったりしていました!!   どんな人生にするかって本当にその人次第だと思うし、特に大人になったら自分で環境的にも経済的にも意思決定できるじゃないですか。 だから私は常にBetterな自分になろうと思うし、特に最近は一度しかない人生を目一杯楽しもう!!と思って生きています!!   そしてここニューヨークでしか出会えない、 世界中から挑戦しに来ているプラスのエネルギーを持った人たちとの出会いを大切にしていこうと思います!! Let’s Dream Big!! ✨ xoxo….  [:ja]Hi!   先日マテリアルワールド Founderの矢野莉恵さんの講演会に参加してきました。 もしマテリアルワールドをまだ知らないという方がいれば最初にこちらの記事を読んでみてください↓ 世界中の女性たちへ、自分自身を「改革」せよ 女性起業家をしてずっとお会いしてお話を聞いてみたいと思っていた矢野莉恵さん。 会場は沢山の参加者で賑わっており、既にニューヨークで自分の事業を持っている方、そしてこれから起業しようと思っている人たちがたくさん来ていました。 矢野さんのこれまでの素晴らしい御経歴もさることながら、講演会では実際に起業やハーバードのMBAでの体験を通して学んだ3つの事をメインにお話して下さいました。 その3つのお話というのが 1、「失敗の仕方」 2、「アメリカでのきっかけの作り方」 3、「自分の限界を作らない環境の作り方」  です。 世界で一番厳しいと言われているここNew Yorkでstart upビジネスを始め、成功させている日本人の若い女性起業家、矢野さん。 それを聞いただけでも素晴らしい!!!と感動しますよね! そんな矢野さんのお話は最初から最後まで私がまさしく今聞きたかった内容でした。 帰国子女で幼い頃からグローバルな環境で育ってきて、それでも日本人としてのアイデンティティを大切にしたくて日本の大学に進学したこと。 ハーバードの大学院に通っている時に勢いで始めた最初のビジネスは、うまく結果が出ず約9ヶ月で事業を潰したこと。 でも自分でビジネスをやることが物凄く楽しい事に気づいたこと。 過去の失敗から得た学びが今の成功に生きていること。 どんな事も不可能ではなく、いつもきっかけは自分で掴みに行くこと。 そしてどんなに雲の上の存在の人にも怖気付かずコンタクトを取ってみること。(もちろん自分がきちんと相手にどんなバリューを与えられるかを示した上で。) などなど ボイスレコーダーに録音したセミナーの内容を何度も繰り返し聴いています。   一つ凄く嬉しかったのが、矢野さんのパーソナリティーが私と凄く似ていた事です。 矢野さんは「私は情熱だけですぐに行動に移してしまうタイプなんです!これは長所でもあり短所でもあります。だから周りに誰かブレーキをかけてくれる人が必要でした。」 と仰っていました。 ご存知の通り、私も「やりたいことがあるとすぐに行動に移してしまうタイプ」なんです。 この性格のおかげで今までいろんな事に挑戦してきたり、他の人より多くのチャンスを掴めてきた気がします。でも深く考えず直感に従って行動に移したせいで失敗することもたくさんありました。 例えば、失恋して一時期歌詞のある音楽を聴きたくなく、ずっとクラシックばかり聴いていた時があったんですが、ある日葉加瀬太郎さんのバイオリンに感動して「なんて素敵なんだろう!私も葉加瀬太郎さんに続きたい!!」と思ったその日の夜にはバイオリン教室に申し込んで数日後にはバイオリンを弾いていたり、笑 日本で始めた自分のオンラインショップも朝起きてやりたいと思ってから3日でサイトを完成させて1週間後にサイトをローンチさせたり。笑 面白そうなビジネスモデルのサービスなんかも知ったら、とりあえずアプリをダウンンロードしてまずメンバーになってみます。 最近はrational に物事を考えられるように気をつけていますが、良くも悪くもベースはかなり行動的で情熱的な性格です。 お母さんには「美輝はすぐ勢いで行動に移すから、結婚相手やビジネスパートナーは思慮深くて落ち着きのある真逆の性格の人を選びなさい」と会うたびに言われているくらい笑 だから矢野さんのお話を聞いた時に自分と通ずるところや共感できるポイントが沢山あってびっくりしたし、これは私もやはり起業家に向いているという傾向なのでは!と勝手に思い込んで一人で喜んでいました笑   矢野さんの実体験を交えてのお話は私にとって、ここ数年で一番モチベーションを得た為になるセミナーでした。 お話を聞いている間、自分自身でビジネスをする楽しさが凄く蘇ってきたし、私もいつかニューヨークで自分のビジネスをしたいという気持ちも再確認させられました。 矢野さんも仰っていた様に、やっぱり自分のやりたいことを仕事にするって幸せだし、頭の中にあるアイディアを実現させるって本当にワクワクして楽しいんですよね! 私もオンラインショップをしている時楽しくて興奮して寝れなかったり、逆に落ち込んで寝れなくなったりしていましたが、自分のやりたい事なのでどこまでも頑張れるんです。本当不思議なくらいに! また日常の中で常にどこかにビジネスに生きるヒントは落ちていないかと無意識に探していたり、突然のハッとしたひらめきに心が躍ったりしていました!!   どんな人生にするかって本当にその人次第だと思うし、特に大人になったら自分で環境的にも経済的にも意思決定できるじゃないですか。 […]

The Latest Street-style Trends From New York Fashion Week

Hi!!!     しばらくブログを書いていないうちにNew YorkのFashion Week が終わり、今はLondon Fashion Weekが真っ最中ですね。 私のインターン先でもNYFW中はずっとイベントをしていたのでかなりバタバタしていました。 そしてNYFWが終わると同時にモデルちゃん達はみんなロンドンへ飛んで行き、私の会社は来週から少し仕事が楽になって私も私生活に余裕が出てくるかな〜という感じです。 今回のFashion Week ではインターンのお仕事とは別に、Elle Magazine Japanの撮影アシスタントとしても1日同行させていただくことができて本当に良い刺激を受けました! そしてNYFW中のファッション業界の人たちのスタイルを見ているとみんな本当にお洒落で見ているだけで楽しくて幸せな気分になりました! 今日は私がNYFW中に見つけたニューヨークの秋のトレンドをシェアしていこうと思います。 1.Velvet 今年の秋はこれなしでは語れない!というくらいトレンドなのがベルベット素材のJacketやshoesです。特にVelvet素材のブーティーを履いている人をたくさん見かけました!   Image Source: Angela Datre / Fashioniata Image Source: Getty Image   Image Source: Getty Image   ちなみに私は3.1 philliplimのブーティーがとっても可愛くて気になっています! ちなみにベロア素材のスパゲッティーストラップドレスも流行っています! オフホワイトのTopに重ね着している女の子が多いです。     2.Narrow Scarf 昨年から流行っているChockerブームに続き、ストリートで目立っていたのが細スカーフを首に巻いている人たち。 実際に普段のカジュアルコーデにプラスするだけでかなりお洒落感が増しますよね! 私もこの前かわいいスカーフをゲットしたので、早く巻きたいなぁ。。。 Image Source: Phil Oh from Vogue   Image Source: Phil Oh from Vogue Image Source: Imaxtree / Fashioniata Image Source: Nabile Quenum Image Source: Nabile Quenum   3. Fur shoes / Slippers ベルベットと並んで人気だったのがファーを取り入れたShoes。 ヒールはもちろん今年はファースリッパが今まで以上に流行っています。 特にリアーナ✖️PumaのFenty Fur Slides シリーズが私の会社に来るモデルちゃん達の間でも大人気です! Image Source: http://epitomeatl.com/blog/2016/4/21/coming-soon-puma-fenty-fur-slide   Image Source: Tim Regas / @wheresmydriver   Image Source: Imaxtree / Fashioniata 4. ACCORDION PLEAT SKIRT   スカートで言うと、しっかりついたプリーツが綺麗なロングスカートが人気でした。 特にメタリックカラーが多かったです!   Image […]

Intern先が決定しました!

HI!! 久しぶりの更新です。 そして報告なんですが、とりあえずインターンとして働く会社が決まりました。 Model Lounge というNew yorkの有名 Model Agencyに所属しているモデルしか入れないVIPスペースを提供している会社で、そこでPR,Social Media Coordinatorのインターンとして働くことになりました。   Photo: Courtesy of Modellounge / @modelloungenyc   ここ最近ずっと就活していて、最初はFashion Merchandiser, Buyerなどを中心に受けていたんですが、アメリカでの就労経験がない為全くインタビューまで進めず。。。   一つMerchandiserとしてオファーをもらった企業もあったんですが、全く私の好きなテイストのブランドではなく働く気がしなくて断りました><。   またResumeを求人サイトに上げていたので、日系の金融系やアメリカのIT系の企業からもInterviewのオファーがあったんですが、私が働きたいのはファッション業界だし、OPTはアメリカの大学で学んだことに関係していることというルールがあるのでお断りしました。   ※ちなみに金融やITは新卒でも年収700万〜900万くらいの求人が結構あり、「ファッションビジネス」ではなく、「ビジネス」を学んでいる人は経済的に良い求人の選択肢があって有利かも!?      そして、最近は前から興味のあったSocial Media Marketing, Public Relationsの企業をメインに受けていたんですが、やっぱりPR系はBuyerとかMerchandiserよりももっと英語力が求められるのかなーという感じでいきなり正社員として採用はとても厳しいことを痛感。   派遣会社に登録しにも行ったんですが、OPTビザなので短期でのお仕事しか紹介できないわねーと言われかなりショックを受けました。 私のルームメイトのSandyがSaks Fifth AvenueのE commerce Associateで働いているので、いろいろ内部事情を教えてもらうのですが、やっぱり大きなブランドや企業は現在もしくは将来的にビザサポートが必要になるという事がわかるとResumeの時点で結構切り捨ててしまうようです><。    本当に最近までいろんなFITの先輩や友達に相談やアドバイスをもらっていたんですが、やっぱり一番良いのがインターンから初めて経験と人脈をつけることだよと言われ、先週からインターンのポジションでPR会社をメインにアプライしていました。    そして一番最初にオファーをくれたのが、私が働くことになったModel Loungeでした!   最初に書類審査があり、そこから電話でのインタビュー、そして対面でのインタビューでしたが、電話でのインタビューが初めてですごく緊張しました。   国籍言っていなかったんですが、私の英語がフレンチ訛りだと言われフランス人かと聞かれました笑 やっぱりJapaneseとFrenchの訛りって似ているのかな?うーん。   インターンのポジションで応募したら他にも何社かオファーもらったんですが、ここの会社にしようと思ったのはCEOの人がすごく人間的に信頼できる人だったからです。    Model Loungeは会社の規模も大きくない代わりにCEOとの距離がとても近くて、インタビューもCEOの人が直接してくれたんですが、私のキャリアでの目標や今までやってきたことを一人の人間としてすごく親身に聞いて、それが本当に嬉しかったんです! それに比べて他の企業はかなり上から目線な感じでした。。。   ちなみにCEOの彼は私と同じくらいの年齢でめっちゃイケメンの黒人です。   そして彼のガールフレンドがヴィクトリアズシークレットモデルのJoan Smallsだという事が発覚して今日とてもびっくりしました!        彼はマーケティング業界の若手起業家としていくつか事業を成功させていて、交友関係も有名セレブが多くとても華やかな感じです。   毎日モデル達と接しているのですごく女性の扱いもとてもうまいし、世界中から来るインターナショナルなモデルに慣れているので、私が外国人で英語が完璧じゃなくてもすごく配慮してくれます。   でもいやらしさとかチャラチャラしている感じは全くありません。 だから凄く安心感を持って働けそうです!    実は今日がインターン初日だったんですが、なんとか無事に終わりました。  私の他にもう一人インターンの子がいるし、直接指導してくれるPR担当の人も優しそうな感じでした。  私は昔から結構人見知りで、特にアメリカ人コミュニティの中に一人で入っていくと本当に気が弱くなってしまうんです。  だからこれから世界トップクラスのモデルたちに囲まれて働くなんて、自分どうなってしまうんだろうと思って心配で昨日はなかなか寝れなくて、朝も頭痛薬飲んだんですが笑   今日ドキドキして出勤したらみんなWelcomeな感じで接してくれてものすごく安心しました!   今日もまたCEOと面談があって 「インターンでミキは何を達成したい?どんなことを求めてる?どんな風に会社に貢献できると思う?」と再度聞かれて   私の将来の目標や克服したい事を説明して、 「自分はどんな仕事でも挑戦したい。だから私には無理だと思う事も出来る?って聞いてチャレンジさせて欲しい」と伝えました。    そしたら 「わかったよ!じゃあ色んな業務をこれから少しずつ任せていこうと思うし、ミキがこれから他の企業に就職する時に僕ができるサポートは全てしてあげようと思う。だから僕もためらわずに何でもお願いするし、ミキもやりたいことは何でも提案してね!」と言われました。     だから将来飛躍できるための訓練だと思って私は頑張ろうと思います!     それにしてもモデルさん達みんな細くて背が高くて可愛かったです。。。     なんて小さいのかしら私…とつくづく思いました笑     あとは、カーリークロスとか他の有名モデルもたまに来るようなので、少しでも私の大大大好きなTaylorに近づけないかなあ。。。と切実に願っています!!!!涙      またアメリカでの就活情報やOPTの事、私のインターンの様子やモデル業界の内部事情とか書けそうなことがあれば書きますね!     よかったらModel Lonugeのインスタグラムもフォローしてください(^^)    @modelloungenyc XOXO…   Fashion industryFashion modelsNew YorknycNYFYVictoria's secretファッションファッションウィークファッションモデル

How I love fashion

Hi!!   ニューヨークに住んでいて私が好きなことの一つがWindow Shoppingです。 休みの日やAppointmentの前後に時間があったら、近くエリアをお散歩して小さなBoutique から大きなDepartmentstore まで色々と見ています。 ブランドもファストファッションからラグジュアリーまでジャンル問わず。 特にお店のVisual Merchandisingを見るのが本当に好きです。 私がいつ行っても「欲しい!」っていう服があるのはClub Monaco。 ついつい長居してしまいます。 本当に私の好きなテイストなんです。   この前久しぶりにTheoryに行ったらすごく素敵な秋用のコートに一目惚れ。 実際に羽織ってみたら、シルエットもカラーも思った通りにとても綺麗で それを着た自分さえもなんだかいつもよりレベルアップした様に見えて本当に幸せな気持ちに。 あまり上手く言えないんですが、その時「あぁ、ファッションの力ってすごいなぁ」と久々に感じて それを着てる鏡に映る自分を見てとっても心が満たされたんです。   ファッションって一般的に娯楽として捉えられがちだし、お洒落しなくても死ぬわけじゃないけれど、こういう瞬間を感じる度に私はいつもファッションの力を思い知らされます。 きっとどんな人だって落ち込んだり、失恋した時に 髪型を変えたり新しい服を買うと気持ちがぱあーっと明るくなって、 「あっ、なんか自分いいかも?!」って思う瞬間がありますよね。   だから一瞬で人の心を幸せで満たせるファッションはとてもパワフルなんだと思います。   そしていつもの自分にもう少し自信をくれる。     「ファッション業界で一番大切なことは何だと思う? ファッションウィークに行けば、普通の人が切れない様なCrazyな服装の人たちが溢れているよね。 でもみんなファッショナブルでカッコよく見えないかい? それは彼らには自信があるからだよ。 自分にはそれを素敵に着こなせるという内側から来る自信があるんだ。 ファッション業界にいる以上自分に自信を持つことは絶対に必要不可欠だよ。」 これは私が慕っていた教授が一番最初のクラスでファッションウィークの写真を見せながら一番最初にみんなに言ったこと。 忘れられません。             XOXO….             Fashion industryNew Yorkニューヨークファッション

TOP